• ホーム
  • 頭皮の痒みの原因には何があるの?

頭皮の痒みの原因には何があるの?

頭皮の痒みが起こる原因は色々ありますが、もっとも基本的なのは雑菌が繁殖して、その部分が湿疹を起こす事での頭皮の痒みです。
自分にあわないシャンプーやトリートメントを使う事によって起こる炎症の痒み、さらにそれを掻いてしまう事によって頭皮に傷がつきさらに痒くなるという悪循環がそれです。
では頭皮湿疹にはどんな種類があるのかというと、毛穴に皮脂の汚れが詰まる事に起因する場合や、アレルギーが原因の場合、乾燥が原因の場合等があります。
いずれの場合に於いても、原因の見極めとそれぞれにあった適切な対処が重要となるのは言うまでもありませんが、洗髪方法やシャンプー選び、洗髪後のドライヤーのかけ方によってかなりの改善が見込めます。

頭皮を不衛生にしておくと毛穴に皮脂が溜まります。
頭皮は身体の中で最も皮脂分泌量の多い場所です。
その皮脂に雑菌が繁殖して痒くなるのを防ぐには、まめにシャンプーを使って洗髪をする事により、皮脂を洗い流し雑菌を繁殖させないようにする必要があるわけですが、その際に爪を立ててゴシゴシ洗ったりしてしまうと頭皮に傷がつき、更なる痒みの原因となってしまいます。
シャンプーを洗い流す際に十分でなかった場合、シャンプーの中の刺激物等が頭皮に洗い残しとして残ってまい、それが炎症を起こして頭皮の痒みの原因となってしまう場合もあります。
洗い残しのないようすすぎには十分に時間をかけるようにしましょう。
ただし、あまり痒いからといって洗いすぎは禁物です。

洗髪は一日一回にしましょう。
洗髪後はドライヤーを使って髪を乾かすわけですが、ドライヤーは正しい使い方をしないと髪を乾かすだけでなく頭皮を乾燥させてしまい、痒みの原因となってしまいますので注意が必要です。
ドライヤーを使う前に先ず十分にタオルで水分を取り除くようにし、ドライヤーを当てる時は頭皮から30センチ以上離すようにする事で頭皮の乾燥を抑えるのも大事です。
頭皮用の保湿ローションを使うのも乾燥や炎症を抑える効果があります。

頭皮の痒みを放置しておくとハゲてしまうことも

たかが痒みと思って軽く考えていませんか?
頭皮が痒いという事は、頭皮からの通常の健康な状態ではないというメッセージです。
このメッセージを無視していると、最悪ハゲてしまう事だってあります。
無論、薄毛の原因が100%頭皮の痒みとは言えません、前述した主だった原因以外にも、ストレスや不規則な睡眠等々、人それぞれ様々な原因が考えられます。
ですが、どの場合であっても、それを放置しておくと悪い結果になる事は間違いありません。

先ずは、自分の頭皮の痒みの原因は何かを見つける事。
そしてその原因が見つかったら、有効と思える対処法を一つずつ試してみる事が大事です。
一つの対処法が効果がなくても諦めないで下さい。
いくつも試してみて、効果が得られたらしめたものです。
それを続けるようにして、さらに効果の得られる方法を探してみましょう。
諦めない事が結果に結びつくのは他の事と同じです。
その最初の一歩として先ずは効果の得られる可能性の高い、正しい洗髪の仕方を試してみて下さい。
それで効果が得られないようでしたら、シャンプー剤自体を自分にあったものに変えてみて下さい。
シャンプー剤の中には皮脂を取り除きすぎてしまうものもあります。
皮脂が取り除かれすぎてしまうと、頭皮はそれを回復させる為に皮脂の分泌量を増やしてしまいます。
そうなると当然逆効果になってしまいます。

他にもシャンプー剤の中には合成界面活性剤に代表されるような化学成分、香料、着色料、保存料等が含まれていて、これが負担となり頭皮湿疹の原因となってしまう場合もあります。
成分表示を確認して、石油由来成分でないオーガニックなもの植物性や天然由来のものを選ぶようにしてみましょう。
あなたの痒みが一日も早く治る事を願っています。