• ホーム
  • 頭皮の痒みが発生したらケトコナゾール配合シャンプー

頭皮の痒みが発生したらケトコナゾール配合シャンプー

頭皮の痒みが気になっており、対策したいと考えている人も多いでしょう。
フカやカビによる頭皮の痒みはケトコナゾール配合のシャンプーを使うことにより、解消できることが多いとされています。
しかし、場合によっては病気が原因となっていることもあるので注意しましょう。
その場合は皮膚科や専門の病院で診察を受けるのがおすすめです。

最初はケトコナゾール配合のシャンプーを使ってみるのが良く、それでも効果が期待できない場合は病院に通うと良いでしょう。
頭皮が乾燥しているとそれが原因で痒みが発生してしまうことがあります。
フケが多い人は頭皮が乾燥していることが多いため、乾燥肌向けのシャンプーを使ってみると良いでしょう。
ちなみに、市販のシャンプーだと洗浄力が強すぎることもありますし、頭皮の皮脂を取り過ぎてしまうことがあるので注意が必要です。

また、頭皮に傷がついてしまった場合、それが原因で雑菌が繁殖してしまうことがあります。
頭皮の皮膚にはカビの一種が存在していますが、これが増殖すると痒みが発生してしまいます。
カビが原因で痒みが発生している場合も最適なシャンプーを使うことで解消できます。

脱毛症になると髪の毛が抜けるようになりますが、それが原因で頭皮の痒みが発生してしまうこともあります。
髪の毛がよく抜けるようになったと感じている場合、ケトコナゾールを配合したシャンプーを使用すると良いでしょう。

脂性フケは頭皮の皮脂分泌量が多い人の方が発生しやすいと言われています。
また、女性よりも男性に多いことも特徴です。
皮脂が増えてしまう原因はいろいろありますが、生活習慣の乱れが主な原因とされています。
脂漏性皮膚炎になると脂性フケが発生しやすくなります。

脂漏性皮膚炎は皮脂をエサとするカビの一種が頭皮に繁殖してしまい、その代謝物が頭皮に炎症を起こすことで発症すると言われています。
この病気にかかった場合、炎症によってめくれ上がった皮膚がフケとなります。
また、炎症が酷くなると痒みが強くなってしまうこともあります。

痒みに耐え切れず掻き毟ってしまうと症状がさらに悪化してしまうこともあるでしょう。
脂漏性皮膚炎の場合もケトコナゾール配合のシャンプーが良いとされています。
しかし、ケトコナゾール配合のシャンプーを使っても症状が改善されないという場合、病院を受診した方が良いでしょう。

シャンプー後はドライヤーなどでしっかり髪を乾かす

シャンプーの後は髪の毛をしっかり乾かすことが大切です。
まずはタオルで水分をしっかり取りましょう。
タオルで水分を取ることをタオルドライと呼びますが、タオルドライをした後の髪の毛はキューティクルが開いた状態になっています。

キューティクルというのは髪の毛の表面を覆っている薄い細胞であり、とても薄く剥がれやすいといいう性質があります。
タオルドライ後にキューティクルが開いている場合、傷がつきやすい状態なので注意しましょう。
また、キューティクルで髪の毛を保護できていないと髪の毛の内部まで外の刺激が伝わってしまいます。
髪の毛の水分やタンパク質が抽出する原因となりますし、髪の毛が乾燥しやすくなってしまうでしょう。

髪の毛の健康を保つためには、キューティクルをしっかり閉じることが大切です。
キューティクルは濡れると開くという性質を持っており、元の状態に戻すためにはしっかり乾かすことがポイントです。
タオルドライだけでは不十分なのでドライヤーを当てると良いでしょう。
キューティクルを早く元に戻すためには、タオルドライの後にすぐドライヤーを当てるのがおすすめです。

ドライヤーは頭皮にとって良くないのではないかと心配している人もいるでしょう。
しかし、頭皮の痒みなどを防ぐためにはしっかりドライヤーで髪の毛を乾かすことが大切です。
頭皮は濡れた状態だと細菌が繁殖しやすくなりますし、それが臭いや痒みの原因になってしまうこともあるので注意しましょう。

ドライヤーを当てることで髪の毛や頭皮の健康に繋がります。
また、すぐにドライヤーを当てることにより、スタイリングしやすくなるというメリットもあります。
髪の毛が乾いてからだとスタイリングに苦労してしまうことがありますし、タオルドライの後はすぐにドライヤーを当てた方が良いでしょう。