• ホーム
  • 薄毛にならないために必要なケアとは?

薄毛にならないために必要なケアとは?

シャンプーをしている時、髪の毛をとかしている時、薄毛が気になっている方はいらっしゃいませんか。
男性はホルモンの関係で加齢と共に薄くなるものですが、まだ若いのに同世代の人たちに比べて自分は薄毛だなと感じている方、気づいた時がケアを始める時です。
薄毛のケアは早めに始めるほど効果的なのですぐに取りかかりましょう。

まず頭皮を清潔にすることが大事です。
頭皮が汚れて毛穴に余分な脂や汚れがたまると毛根における細胞分裂が止まり髪の毛の成長に支障を来たします。
また髪の毛に潜む雑菌も皮脂を増加させ毛穴に角栓を作りアクネ菌などを繁殖させてしまいます。
清潔にして薄毛ケアの効果を高めるようにします。
頭皮を清潔にしてコンディションを良くするためのシャンプーですが、オーガニックシャンプーがおすすめです。
有機栽培で作られた植物成分が配合されている無添加のシャンプーで頭皮にも髪の毛にもやさしいのが特徴です。
中には「オーガニック」と記されていても防腐剤が含まれているものもあるので無添加にこだわるなら含有成分をよく確かめましょう。

もうひとつ、アミノ酸系シャンプーも頭皮にやさしく、ラウレス酸など刺激の強い成分が含まれていないのでフケやかゆみに悩まされている人におすすめです。
シャンプー後に髪を乾かす時はタオルで頭全体を包み、たたかずにやさしく拭き取るようにします。
ドライヤーを使う場合は一箇所に集中させて当てないこと、頭皮に直接当てずに余熱で乾かすことが重要です。
温風の連続使用は髪を傷めるので適度に冷風に切り替えることも心がけましょう。

頭皮にダメージを与えないスタイリングのコツは髪の毛の分け目を変えること。
分け目付近は摩擦と圧力が最もかかりやすく、外気にさらされるので頭皮がダメージを受けやすく薄毛の原因となってしまうからです。
スタイリングをする時はワックスやスプレーを直接頭皮に付着させて毛穴を塞がないようにすることにも注意しましょう。
薄毛のケアを効果的にするためには睡眠も重要です。
睡眠不足によるストレス負荷の増大は自律神経を乱し、頭皮や髪の毛の健康状態に影響しますので、十分な睡眠時間をとるようにしましょう。

頭皮マッサージで血行を良くしてケアしよう

薄毛のケアとして頭皮のマッサージは効果的です。
育毛剤やシャンプーと共に頭皮をもみほぐすと血行が促進し栄養補給がスムーズになります。
頭皮のコンディションが良くなり、育毛剤やシャンプーの成分が効率的に浸透し、髪の毛のダメージ修復も速くなります。
自分でもできる頭皮マッサージのやり方ですが、両手の指の腹を頭部に立て、生え際から後頭部へとやさしく揉んでいきます。
この時に注意することは指の爪を立てないようにすることです。
頭皮を傷つけてしまうので指は軽く触れさせるという意識で使います。
後頭部まで揉みほぐしたら指先を曲げ、トントンと軽く叩くようにします。
頭皮のマッサージは時間にして1日あたり5分ほどかけることを目安にし、毎日欠かさず実行することを心がけましょう。
マッサージにはココナッツオイルを使うと効果的です。
ココナッツオイルには髪に良いオレイン酸やビタミンE、ラウリン酸が含まれています。
高い保湿効果もあるのでおすすめです。

頭皮マッサージを根気よく続けることにより血行が良くなり毛根における細胞分裂も活発になって、髪の毛の成長も安定して来ます。
血液の循環が良くなるので頭がすっきりし気分もリフレッシュされていることに気づくと思います。
ただ効果を早く得たいからと長時間マッサージしたくなるかも知れませんがこれはかえって頭皮にダメージを与えてしまうことになるので止めましょう。
他に注意点としては頭皮を傷つける恐れがあるためブラシなどの器具は使わないこと、髪の毛の栄養補給路である頭皮の毛細血管を傷つけてしまうので力を入れすぎないこと、集中するあまり呼吸を止めてしまうと頭皮を柔らかくする効果が得られないのでストレッチなどと同じように常に息を吐いたり吸ったりすることを意識して行うこと、などです。