• ホーム
  • 出産後に脱毛症になってしまう理由について

出産後に脱毛症になってしまう理由について

出産後に脱毛症になってしまう女性はかなり多いとされています。
なぜ脱毛症になってしまうのかということですが、これは一般的な薄毛や抜け毛とは異なり、免疫機能の低下が主な原因と言われています。

出産後はホルモンバランスの乱れによって部分的に皮膚のバリア機能が低下してしまいますし、炎症を起こして髪の毛が抜け落ちやすくなるということです。
ちなみに、基本的に髪の毛が抜け落ちても時間経過によって自然に生えてきます。
抜け落ちた部分だけ一生髪の毛が生えなくなるわけではないので安心しましょう。

出産後の脱毛症は多くの人が経験しています。
抜け毛ストップをしたいという場合、なぜ出産後に脱毛症が起こりやすいのかを知っておくと良いでしょう。
女性ホルモンには髪の毛が抜けないように保つという働きがあり、妊娠中は通常よりも女性ホルモンが増えるので髪の毛が抜けにくくなるとされています。
しかし、出産をすると女性ホルモンが一気に減少してしまうため、髪の毛が抜け落ちやすくなるということです。

さらに、育児ストレスや睡眠時間が不足することによるストレスが加わった場合、脱毛症が発生しやすくなってしまうでしょう。
また、母乳で育児をしている場合は栄養不足や血流不足によって脱毛症が起こってしまうこともあります。
出産後の抜け毛はさまざまな部分に発生しますし、大きさもいろいろです。

出産後に女性ホルモンが減少し、ホルモンバランスが乱れてしまうのは仕方ないことです。
そのため出産後の抜け毛を完全に予防することはできません。
女性ホルモンの回復を待ちながらゆったり生活を送るようにしましょう。

髪の毛は時間経過によって元の状態に戻ります。
長くても半年~1年ほどで自然に改善すると言われているため、あまり深刻になやまなくても良いでしょう。
脱毛症でイライラしたりストレスを感じてしまうと逆に抜け毛が増えてしまうこともあります。
そこで睡眠時間の不足や育児ストレスを抱えている場合、家族に育児を手伝ってもらうなどの対策がおすすめです。
抜け毛ストップのためにはのんびりとした気持ちで過ごすことがポイントです。

出産後の脱毛症予防は食事で改善

出産後の脱毛症は食事によって改善することもできます。
どのような栄養素が効果的なのかということですが、まずはタンパク質をしっかり摂取するようにしましょう。
人間の髪の毛は主にタンパク質によって作られています。
タンパク質が不足してしまうと抜け毛が起こりやすくなるだけでなく、髪の毛が細くなったり切れやすくなってしまうこともあるので注意しましょう。

タンパク質は肉や魚、卵、乳製品、大豆製品などに多く含まれています。
これらは普段の食生活ではあまり不足しないと言われていますが、ダイエット中は不足しやすいのでしっかり補っていく必要があります。
髪の毛のためにきちんとタンパク質を摂取したいという場合、納豆や豆腐などの大豆製品がおすすめです。
大豆にはイソフラボンが多く含まれており、髪の毛の成長を促してくれるでしょう。
豆乳を温めてから蜂蜜などを入れると美味しくなって飲みやすくなります。

また、タンパク質の効果を高めたいという場合、ビタミンBも一緒に摂取すると良いでしょう。
ビタミンB群は頭皮の状態を整える働きや代謝を促進するなどの働きがあります。
タンパク質と同時に摂取することにより、髪の毛の成長を促進させることができるでしょう。

ちなみに、髪の毛の主成分であるケラチンというタンパク質はビタミンB6がないと生成されないと言われています。
そのため健康的な髪の毛を育てるためには、タンパク質とビタミンB6を一緒に摂取した方が良いでしょう。
ビタミンBは豚肉やレバーなどに多く含まれています。
また、ビタミンAやミネラル、カルシウムなども髪の毛の成長には欠かせません。
育児などで忙しく食事バランスにあまり気を遣うことができない場合、サプリメントを利用しても良いでしょう。